台風6号は12日、九州の南海上を北東に進み、鹿児島県の屋久島に接近した。12日夜から13日未明にかけ、温帯低気圧に変わりながら、近畿から東海に接近し上陸する恐れもある。西日本と東日本の太平洋側を中心に大雨や暴風、高波の恐れがあり、気象庁が警戒を呼びかけている。(毎日新聞)